ナナッキーのLinux紹介〜脱Windows〜

ブログをご覧いただいてありがとうございます。 このブログではデスクトップLinuxの紹介を中心にしています。 Ubuntu、LinuxMint、各種Ubuntuフレーバー、多様なディストリビューションを紹介しています。 見た目の良さ、使い勝手、軽量さ、日本語入力までの容易さ等の視点からレビューを行っていきます。 またインストールから日本語までの手順も紹介していますのでLinuxに触ったことのない方でも理解できるかと思います。 Youtube動画も記事の中に入れていますので、そちらを見ていただくのが一番わかり易いかと思います。 気に入りましたら、コメントや評価をお願いします。

今回の説明

Linuxでよく困っていたことが無線LANのドライバーの問題です。

ドライバ自体が提供されていない場合や、提供されていてもドライバインストールまでの手順が複雑でエラーが発生したりもします。

ずっと悩まされ続けたのですが、無線LANルータのクライアントモードを使うことによって解消できましたので、製品と手順を紹介させていただきます。

◆TP-Link WIFI Nano 無線LAN ルーター(amazonの製品ページです)

動画説明

まとめ

今回は無線LANルータのクライアントモードについての説明をさせていただきました。
TP-Link WIFI Nano 無線LAN ルーターという製品のものにはなりますが、おそらく他の無線LANルータでも同様の事ができるかと思います。
Linuxでの無線環境に困っている方がいらっしゃれば試してみてください。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット